ぶざ~

いつものバス停にて――


「プレステVR――9がつ24にちからヨヤクさいかいっ! ハンバイビにとどくのはコンカイヨヤクぶんがサイゴっ⁉︎ う〜ん……ハンバイビにとどくのはイイんだけど……やりたいソフトもないしな〜……」

ゲ〜ム情報を見ながら、そんな風に洩らすイブキの隣では、


「松坂っ‼︎」

突然、月夜が有名投手の名を叫ぶ!


「わっ! なになにど〜したの?」

イブキが飛び上がって驚き、周囲を見渡す。


「イブキ!」

すると、月夜がいつになく真剣な表情になり、


「このゲ〜ムセンタ〜限定ベビ〜スタ〜松坂牛取ってくてくんない……じゅるり」

イブキに頼めば、もはや取ったも同然と味を想像しながら、


「え~! たまにはジブンでとんなよ」


「ウチもできれば、そうしたんだケド……」


「あ~。わかった。あ~ゆ~こまかいのニガテなんでしょ?」


「違う、違う。ウチが触るとどんなに最小の力で触ってもブザ~が鳴っちゃう」


「あ~……ナルホド」

 片手でヒョイヒョイと重い石が付いたバス停をいじっている月夜を見ながら、納得するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます