しゅ〜りょ〜

いつものバス停にて――


「オレオ生産終了っ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に驚きの声を上げる。


「そんな……そんな事になったら……サ〜ティワンにある、あのアイスどうなちゃうの?」

と、割とどうでもいい事を心配する月夜に、


「なんか、9がつ4にちおわっちゃうみたいよ、ホラ」

イブキが自分のスマホ画面を見せながら、


「ホントだっ⁉︎ オレオを使ったアイス2種、オレオの生産終了ともない4日に販売終了‼︎ 行かなくっちゃ‼︎」


「えぇぇ⁉︎ そこまでっ⁉︎ さいきんわりとスズシ〜よね?」

そう言いながら、やや弱くなった太陽を見上げる。


「だって! もう食べられなくなるんだよっ‼︎」


「う、うん……」

月夜の迫力に圧されて、そう言ってしまうイブキ。


「でもさ」


「ん?」


「月夜ってそんなにオレオすきだっけ? なんか、あんまたべてたキオクが……」


「あんまり食べた事ないよ」


「じゃ、べつにいいじゃん‼︎」


「ウチにとってはいつでも食べられなくなる事が嫌なのっ‼︎」

一つの味が消える言葉に大変な悲しみを感じる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます