とっぷし~くれっと。

 いつものバス停にて――


「おぉ! シンガタのアイフォンのハッピョ~は9がつ7にちっ!! ことしもきたなぁ~……イブキさんもいけるコトならゲンチ――サンフランシスコにいきたよっ!!!」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、新型スマホの発表会を予想されるニュ~スにそんな事を言いながらテンションを高めていく。


「つ、ついに……あの今世紀最大の謎を発表するのかっ!?」

 その隣では、イブキに負けず劣らずテンションを高めていく月夜がいた!


「なになにっ!? ケネディ~うったヒトでもハッピョ~されんの?」

 月夜の雰囲気を察したイブキが問いかけてくる。


「もっとよ、もっと――」

 月夜は頭を振ると、静かにそう答える。


「もっと!? なんだろ?」

 イブキは腕組みをしながら、『う~ん……う~ん……』と頭を捻って考える。


「わからない? もしかしたら人類の歴史が変るかもよ」


「レキシかぁ~……あ~……もしかしてアレ? ウチュ~からつよいシンゴ~をジュシンしたとかゆ~」

 イブキがもしかしたら人類よりも2段階も上にあるかもしれないと、話題になっている深宇宙からの信号のニュ~スを口にする。


「なにそれ?」


「ちがうのか~……もうっ! なんなの??」


「あのね――」


「うんうん」

 月夜の雰囲気にイブキも緊張した面持ちで続きを待つ。


「KFCが長年秘密にしてきたチキンの秘伝スパイスレシピを――」


「えぇ……」

 イブキがすっごい悟りきった表情になると、


「ど~でもいい」

 そう言い放つのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます