ざんまい。

 いつものバス停にて――


「う~ん……イベントかいいきはクリアできらけど、レアなものでなかったなか~……ほんないとダメかな~? いや、まあほるんだけどさぁ……」

 イブキがゲ~ムアプリでイベントの攻略情報を眺めながら、イヤそうに洩らす。


「なんか……ちょっとやったかんじイブキさんのカンタイ――イブキンカンタイはE3よりE4のがむいてるきがすんだよね~。そだててるコのせ~かな? モガミンけ~はそんなにきたえてなかったんだよね~」

 攻略情報をみながらそんな事もボヤくイブキの隣では、


「8月29日はヤキニクの日っ⁉︎」

今まで静かのなにかの記事を読んでいた月夜が突然、そんな声を上げる。


「イブキっ!」


「いや、イブキさん29にちはデ〜ト――」


「――って事は予定ないんだねっ! 行こ〜よ! ヤキニク三昧だよっ!! 一日中ヤキニクみながら過ごせんだよっ!!!」

 と、テンションあげあげで絡んでくる月夜。


「えぇ~……いにちじゅ~オニクって……すっごいおなかにたまりそ~」

 そう言いながら自身のちっさいお腹の手を当てる。


「知ってるイブキ」


「なにを~?」


「お肉を食べると胸がおっきくなるんだよっ!」


「いぐっ!!!」

 こうしてまた騙されるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます