おひとりラ~メン。

 いつものバス停にて――


「う~ん……E3でヌマちゃったな~……カンゼンにでおくれちゃったよ~」

 イブキが困惑した表情のまま、スマホでゲ~ム情報を見ながらぼやく。


「おっ! でんせつのゲ~ム『スペランカ~』がムリョ~はいしんっ! こ~ゆ~アクションものやってきをまぎわせるのがいいのかもね~」

 そんな事を言いながら、スマホ画面では操りにくそうなドット絵のアクションゲ~ムを器用に遊び始めるイブキ。


「女子大生が一人でラ~メン店に行けるかアンケ~ト?」

 月夜がオシャレ系ニュ~スの中にあった、そんな記事に興味をもつ。


「月夜はひとりでいくの?」

 呟きを聞きとめたイブキが尋ねてくる。


「ウチ? ウチは――」

 口元に一指し指を充て、少し思案顔になると、


「ウチは人と行くことのが多いかな?」


「そなんだ」


「アンタは?」


「イブキさん? イブキさんはね~――はいりにくいかな~」


「そう?」


「うん。なんかオトコのヒトばっかしってイメ~ジあるし、そのなかにはいっていくのは……ちょっとためらちゃかも……?」


「そんな事きにすんのね」


「月夜はきになんないの?」


「ウチは良い匂いしてると、フラフラっとはいってて気が付くと食べてるって事のが多いかな?」


「なんか月夜ホイホイみたいだね」


「人を黒いアレっと一緒にしないでよっ!」

 そこは全力で否定する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます