お〜もり。

いつものバス停にて――


「う〜ん……大盛り無料のお店で残す是非かぁ〜……」

月夜が話題としてピックアップされたそんなスレッドを見ながら、


「残すのはあまり褒められた事じゃないケド、初めて入ったお店じゃ大盛りの量はわかんないしなぁ〜……」


「はじめてのトコでオ〜モリとかたのむの? おいし〜かど〜かもわっかんないのに?」

月夜の呟きを聞き止めたイブキが首を傾げながら訪ねてくる。


「確かにマズ……口に合わなかったら……」


「でしょ、でしょ!」


「でも、大盛りにしても値段一緒なんだよっ!」


「え~! あんまりおいしくないのにいっぱいあるとイヤじゃないの?」


「?」

 イブキの言葉をまるで理解できないといった表情の月夜。


「えっと……だって値段一緒なんだよ」


「うん。でもマズくてリョ~がおおいとクツ~になんないの?」


「苦痛? なんで味と量はまた別の話しでしょ?」


「ベツなのっ!?」


「いっぱいあるとうれし~じゃない!」


「そ、そうかな?」

 月夜のあまりにもキッパリした言葉に若干、自信がなくなるイブキ。


「口に合わなくてもいっぱいあるだけでうれしくない?」


「……うれしくない……とおもうけど……」


「あぁ……あんまり美味しくないケド、いっぱいある! 素敵!!――って」


「……なんないかな」


「う~ん……そっか~」


「そのまえにさ月夜」


「なに?」


「たべきれなくてのこしたコトあんの?」


「ないっ!」

 自信たっぷりにそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます