も〜にんぐ。

 いつものバス停にて――


「がーん! PkemonGoみんながさわぎすぎたからリリースえんきっ⁉︎」

イブキがゲ〜ム情報を見ながら、


「メ〜カ〜にちかいカンケ〜すじのジョ〜ホ〜ではメ〜ルがリュ〜シュツして2チャンなどでさわがれたからイチジチュ〜シのハンダンをした……う〜ん……キノ〜ワクワックでアップルストアつないでたイブキさんのドリョクは……」

悲しそう洩らす。


「こ〜なったらアメリカのアカウントつくって、コメリカのやつやろ〜かな?」

そんなあやしい事を呟くイブキの隣では、


「愛知の一宮はモ~ニング発祥の地――その量がスゴイ?」

 月夜がグルメ系ニュ~スの中にあった、そんな記事に興味をもつ。


「あいち? あいちってドコ?」

 隣にいたイブキがそんな反応をする。


「えっとね……」

 月夜は少し思案した後に、


「ドアラとトンカツで有名なトコ」


「それってナゴヤじゃないの?」


「そこそこ。一緒だよ」


「へェ~……ナゴヤのなかにあるんだぁ~あいち?」


「逆、愛知県の中に名古屋市があんのっ!」


「それのなにがスゴイいの?」


「んとね……名古屋じゃなくて一宮なんだケド、見て」

 そういって月夜は砂糖の振りかかったコ~ヒ~とフレンチト~ストとフル~ツヨ~グルト、目玉焼きの写った画像を見せる。


「これが一宮のモ~ニングなんだって」


「えっ! これあさゴハンなのっ!? ケッコ~がっちりなリョ~あるよね?」


「これで380円。ウチには物足りないかな~」


「月夜……あさこれイジョ~たべてんのっ!?」

 そういって驚くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます