ぼとむず。

 いつものバス停にて――


「秋にスイ~ツ200種類を食べほ~だい! スイ~ツマラソンを開催っ!! いいじゃないっ!!! 夏がおわってもいいイベントがあるって事なのね~」

 月夜はマラソンそっちのけで200種類のスイ~ツを食べまくっているイメ~ジを想像しながら呟く。


「女性の参加者は約6割かぁ~……もっといそうなのにな」

 月夜がそんな事を呟いている隣では、


「これは……」

 テクノロジ~系ニュ~スをみていたイブキは唐突にそんな声を洩らす。


「VRでジツゲンするんだぁ~……あのロボにのれんだ~」

 イブキがスマホ片手に嬉しそうにそう言う。


「なになに? エ〇ァかなんかのイベント?」

 ロボという単語を聞きとめた月夜が口を挟んでくる。


「うん? スコ~プドッグだよ。」


「スコ~プ? 犬???」

 月夜はスタ~ライトスコ~プを付けたシェパ~ドの姿を思い浮かべる。


「すっごいよね! ア~マ~ドトル~パ~だよっ!! バンナムのVRでケンキュ~シセツでいっかい700エンでできんだって!!」


「そ、そうなんだ」


「すっごいよね! イブキさんスコ~プドックのったらゼッタイ『イブコ』ってなのるよ、かたあかくしちゃうよ!! レッドショルダ~だよっ!!!」


「スコ~プドックに乗る?」

 月夜はシェパ~ドに跨ったイブキを想像する。


「となりのキョ~タイのヒトとたたかえんだよっ!! スッゴいでしょ!!」


「いや、もうなにがなんだかサッパリ」

 頭を混乱させながら、そう言う月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます