じゅ~ねん。

 いつものバス停にて――


「土用の丑の日に合わせて、ポテチの『うなぎの蒲焼味』が登場! コンビニでは18日から先行販売される!! いいじゃない!!!」

 月夜がグルメ系ニュ~スの中にあった、そんな記事に心を踊らされる。


「こういう風変わりなのはコイケヤの専売特許だと思ってたケド、今回はカルビ~が作ったんだな~……ふ~ん……期待していいよね?」

 記事の先を読み進めながら、そんな風に洩らす。


「おぉ!」

 そんな月夜の隣でゲ~ム情報を読んでいたイブキが驚きの声を洩らす。


「サイコ~なんどをほこる『マインスイ~パ~2000』のマニアックモ~ドをジュ~ネンかけてクリアしたモサあらわるっ!! いいね~……いいよ~……こ~ゆ~コンキのあるヒトはクソゲハンタにむいてるよ。もしケソゲワ~ルドカップができたら、ぜひダイヒョ~ででてほし~よ」


「マインスイ~パ~でウィンドウズに付いてくるアレ?」

 イブキの呟きを聞きとめた月夜が口を挟んでくる。


「そそ」


「あれってそんなに難しいの? なんか暇つぶしにやるモノだと思ってたケド……」


「68×68のマスのなかに777コのバクダンがしかけられてて、しかもサイゴのほ~はカンゼンなウンゲ~になるんだってさ」


「じゃ、攻略法なんてないじゃない」


「そうだよ」


「……それっておもしろいの?」


「アマいよ月夜。こんなんになればなるほどタッセ~したあとのタッセ~カンが――」


「ウチはその時間をもっと有効に使うケドね」


「まあ、フツ~のヒトそだね」

 そこはアッサリと認めるイブキだった。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます