そ〜ぞ〜

 いつものバス停にて――


「コミケのサ〜クルチケット転売を運営が止めるように要請――応じなけれ永久追放処分もありうると警告も……う〜ん……前々から問題になってたからなぁ〜」

月夜が來たる夏コミに関しての情報を漁っていると、そんな記事が目についた。


「でも、3万円でも買う人がいるのも事実だしなぁ〜……」

月夜が困り顔でそんな事を呟いてる隣では、


「オトコのヒトの60パ〜セントがミズギよりもユカタにグラっとくるっ⁉︎」

イブキが男女の怪しげな記事の中にあった、そんん文言に見事に躍らされる。


「こ〜ゆ〜オトコのヒトめせんのイケンをとりいれてコトシこそっ! イブキさんのモテモテどしへっ‼︎」

握り拳で熱くそう宣言するイブキ。


「ちなみになんで浴衣なの?」

やや冷めた口調でそう聞いてくる月夜。


「んとね……ユカタはイロケをかんじるんだってさ〜」

イブキは大型のスマホを両手が持って操りながら、そう言う。


「ふ〜ん……色気ねぇ……」


「そ〜ぞ〜してみてよ、イブキさんがユカタきてエンニチにいるバメンを――」

イブキはしなを作りながら、


「う〜ん……」

月夜は少し考えてから――


「小学生の夏休み?」


「ぎゃふん!」

そう奇声を上げて落ち込むイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます