ひゃくまんえんチャレンジ!

 いつものバス停にて――


「「う〜ん……」」

イブキと月夜、二人は全く同じ姿勢――スマホを片手に眉間にシワを寄せそんな呻き声をあげている。


「オトメメロンのメロンパン――たべたいけど、イバラギげんて〜かぁ〜……ちょっととお〜いな……」

と、いうイブキの悩みと、


「う〜……夏コミまでそう日がないのに軍資金がぁ……」

と、いう月夜の悩み。


「バイト増やそっかなぁ〜……あ〜! でも、ウチ受験生だし……」


「ん? てっとりばやく、かせげるホ〜ホ〜あるよ」

月夜の言葉にそう反応するイブキ。


「うわぁ……すっごい胡散臭い……」

 月夜がものすっごいイヤそうな表情で、


「一応言っとくケド、痛いのと危ないはダメだかんネっ!」


「ダイジョブ、ダイジョブ」


「あっ! え、エッチなのもダメよ」


「ダイジョブ、ダイジョブ。LINEのウンエ~がね――」


「うん」

 月夜はあまり期待せずも付き合う。


「LINEアプリのゼイジャクセ~をみっつけて、ホ~コクすると、100まんえんもらえんだってさ~」


「……いや……ウチそなんなにわかんないし……」

 あまり期待してなかったとはいえ、ガックリと落ち込みながらそう言う月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます