あいしょ〜

 いつものバス停にて――


「なに……これ……?」

月夜が現役JKにあるまじき表情と声音でそう洩らす。


「ご飯にかけるチョコレ〜ト? これは……おいしくなさそ〜」

月夜は珍しく食べ物で厳しい表情をする。


「そんなコトないよっ!」

イブキが『しゅたっ!』と手を挙げながら抗議する。


「ゴハンにチョコってサイコ〜じゃん‼︎」


「そっかな〜? ど〜考えても悪ノリした末の産物にしか思えないケド……」

 月夜が腕組みをしながら、チョコかけ御飯を想像する。


「ホっカホカにゴハンのうえにマックロなチョコレ〜トおいし~ってゼッタイにっ――ほら、月夜『じゅるり』してもいいんだよ」


「しないわよっ! じゃ、アンタこの『御飯にかけるチョコ』っての通販で買って試してみてよ」


「いいよ」

そういってその場で通販サイトにアクセスする。


「そうだ。ねね――」

 イブキはスマホを操作しながら、


「ん~?」

 月夜がオシャレ系ニュ~スで夏物を探しながら、


「いまね。サ~ティワンでダブルちゅ~もんすると、トリプルになんだって!」


「はぁ?」


「だから、ダブルのコ〜ンたのんでも3つアイスのっけてくれんだってっ‼︎」


「へぇ〜……いいじゃない!」


「でしょ〜。きょ〜のかえりによっていこ」


「行こ行こ」

相性が良いのか悪いのかわからない二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます