ひやちゅ〜

 いつものバス停にて――


「あさからポテチ? ポテチト〜ストあじとギュ〜ニュ〜あじがとうじょ〜」

イブキが新作のお菓子情報を見ていると、そんな変わり種な記事が目にとまった。


「このふたつをコ〜ゴにたべれば、ト〜ストとギュ〜ニュ〜をたべてるかんじに――なるかな?」

二つのポテチ画像を見ながら首を傾げるイブキの隣では、


「冷やし中華はじめましたってお店も増えてきたなぁ〜」

月夜が行きつけのラ〜メン屋店長のフェイスブックを覗きながら限定メニュ〜を見ながら洩らす。


「イブキさん、ひやチュ〜のすっぱいかんじがど〜もすきになんないだよね〜」

突然、口を挟んでくるイブキ。


「あら? あれがイイんじゃない! さっぱりしてて――って、イブキはゴマだれ派なんだ?」


「う〜ん……どっちかってゆ〜とね……でも、あんまりたべないかな、ひやチュ〜。月夜はどっちなの?」


「ウチ? ウチは――」

少し考えてから、


「最初は醤油ダレとマヨで頂いて、半分食べたトコで胡麻ダレ投入して――うん。どっちも好きかなっ!!」

 そう言って瞳を輝かせる月夜に「だよね~」といった表情をするイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます