かぷりこ。

 いつものバス停にて――


「ちょっとストップ!」

月夜が愛用のグルメ系ニュ〜スアプリから気になる話題を選んで開くと、隣からそんな声がかかる。


「もどして〜もどして〜」

イブキは人差し指で宙に円を描く仕草をしながら、


「なんなのよぉ〜……」

そう言いながらも、律儀に画面をひとつ前の状態に戻してやる月夜。


「それそれ――そのカプリコの『メロンクリ〜ムソ〜ダ』のやつ」

イブキがぜんぜん違うトコを指しながら、


「ほら――」

月夜は仕方なしに自分のスマホを渡す。


「ふむふみゅ……メロンクリ〜ムチョコのなかにさらにミルクチョコがはいってる……なるほどわからん」

小首を傾げて言うイブキに、


「だから、メロンクリ〜ムチョコに中にミルクチョコがはいってんのよっ!」

と、「なんでわからないかな〜」とでの言いたげに口を挟んでくる月夜。


「メロンクリ〜ムのチョコのなかにミルクチョコだよ? わっかんないよ」


「ウチにはわかるよ」


「わかるんだっ⁉︎」

いまいち納得できないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます