おまけ。

 いつものバス停にて――


「ステーキガストに300gの骨つきトマホ〜クステーキっ⁉︎」

月夜が愛用のグルメ系ニュ〜スアプリの中にあった、極厚のステーキ画像に釘付けになりながらそんな事を言っている。


「いいね〜! こ〜ゆ〜お肉って感じのシンプルなやつっ‼︎」

瞳を輝かせながら、そんな事を言う月夜の隣では、


「ロ〜ソンのからあげクンにドラクエ ホイミあじがト〜ジョ〜? ホイミはわかるけど……あじ? ね〜ね〜月夜」

イブキが月夜の制服をチョイチョイと引っ張りながら、


「ホイミあじってどんなあじ?」

 困り顔でそんな事を聞いてくるイブキに、


「いや……なんで、ウチが知ってると思った?」


「月夜だったらわかんじゃないかなっておもって!」

 淀みなくそう答えるイブキ、


「ちょっと貸してみて」

 イブキのスマホを借りて、ざっと内容に目を通す。


「回復成分としてガ~リックマヨネ~ズを配合……ふむふむ……ガ~リックペッパ~をちょっとまろやかにした感じかな~?」


「ふむふむ……」

 意味がわかってるのかいないのかコクコク頷くイブキ。


「おもしろそうだし、食べてみよっか、たぶん味も悪くないと思うわ」


「う~ん……イブキさんはこのオマケに付いてる『ロトのつるぎ』つまよ~じがほし~だけだからなぁ~」


「今までの会話意味なしっ!?」

 そう驚き戸惑う月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます