ちゅ〜もく。

 いつものバス停にて――


「おぉ! あしたからサ〜ティワンのしんさくはじまんのかぁ〜!」

イブキが瞳を輝かせながら、そんな事を洩らす。


「日中はあったかくなってきたとはいえ、こんな時期にアイス?」

月夜の言葉に、


「さむいときのアイスもいいんだよっ! 月夜だってまなつのエンテンカのなかでラ〜メンいったりするじゃん‼︎」


「あ、あれはあれでいいのよっ!」


「ナツのうっすいセ〜フクでアセかきながら、ラ〜メンたべてんだもん、おみせのオトコのヒトみ〜んな月夜みてたんだよ」


「そうなのっ⁉︎」


「うん。イブキさんもがんばって『はふはふ』しながらたべたのにだ〜れもみてくんなかった……」

正確には月夜を見ていたワケではなく月夜の平らげた6杯の器を見ていたワケなのだが……。


「ふふ〜ん♩ やっぱし男性食べる女の子の姿が好きなんだよっ!」


「う〜ん……そ〜なのかな〜?」

こうしてモテからまた遠ざかる二人だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます