わろす。

 いつものバス停にて――


「ほうほう――じぶんのツメでやるまえにスマホでできぐあいをカクニンできるアプリ! いいね、いいね! こ〜ゆ〜のをまってたんだよ、イブキさん」

イブキがテクノロジ〜系のニュ〜スを見ながら、


「アタマのなかでイメ〜ジしたやつとジッサイにネイルにかいたやつじゃ、ちょっとちがうときあるんだよねぇ〜「あれ? こんなんだっけ? もっと――こう――ばばーん! かんじじゃなかった?」みたいな」

イブキがそんな抽象的な表現をしている隣では、


「えっ! これ販売されるのっ⁉︎」

月夜の「信じられない!」といった声の様子に、


「ん? どったの?」

イブキが自分のツメを見ながら問う。


「エイプリルフ〜ル企画だったポテチの『ワロス』味がホントに販売されんだって!」


「う〜ん……ワロスあじってなに?」


「確か……ワライダケ成分がど〜とかだった気がする」


「ドクキノコの?」


「たぶん……」


「キライなヒトにあげるよ〜かな?」


「……アンタ、サラっと怖いこと言うわね」

なにも考えずにした発言にちょっと引きぎみの月夜だった。


味はコンソメにして笑い成分はコラボする芸人がなんとかするようです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます