さゆ~

 いつものバス停にて――


「にゅ~……スマホゲ~よ~のコントロ~ラ~かぁ~……これがあれば、かくゲ~やアクションもスマホでやりほ~だい!」

 イブキがゲ~ム情報系のニュ~スをアプリで確認している。


「ふ~ん……ナイゾ~バッテリ~でジュ~じかんもカド~する! なかなかいいなぁ~……コレ」

 イブキがスマホがくっついたコントロ~ラ~の画像を見ながら、物欲しそうに洩らす。


「う~ん……マズいなぁ……」

 月夜が眉間にシワを作って。桜色の唇に人差し指を当てて、


「なにがマズいの?」

 その呟きを聞きとめたイブキが聞き返す。


「ふぇ? い、いや……なんでもないよ、き、気にしないでオホホホホホホ――」

 そんな明らかにおかしい月夜に首を傾げるイブキ。


「ね、ねぇ――」


「ん~?」

 月夜が変えたばかりの新型スマホをチラチラ見ながら、


「う、ウチさ――」

 言いにくそうに躊躇った後――


「猫背かな?」

 そういって見てという様に横向きになる。


「そんなコトよりなにみてんの?」

 イブキは「月夜はいっつもセスジのばしててシセ~いいじゃん」と呟き、月夜が手にもってるスマホを取り画面を見る。


「シセ~がわるいとサユ~のオッパイのサイズがちがう? へぇ~……月夜ってオッパイサイズちがうんだぁ~」

 そう呟いた直後に物凄い力がイブキを襲い、空のお星さまになってしまうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます