ばくはミス。

 いつものバス停にて――


「カップヌ~ドルが35周年記念にリッチで贅沢な味を販売っ!?」

 月夜が愛用の情報アプリの中にあった記事を読んでいる。


「2つのリッチ味がでるのかぁ~……すっぱんス~プ味? すっぽんってどんな味がすんだろ? カメの味がすんのかな?――まあ、カメも食べた事ないケド……もう1個はフカヒレっ!! フカヒレかぁ~……おいし~のかな? 食べた事ないケド……サメの味がすんのか? サメ食べた事ないケド……」

 高級食材に縁のないJKである月夜がそんな悲しい事を呟いていると、


「グ~グルマップのヒョ~ジミスでカイタイやさんにジタクをバクハされるっ!? あちゃ~! すっごいフコ~なヒトもいたんもんだ」

 ニュ~スの中にあったそんな記事を読みながら、イブキが同情するような声を洩らす。


「みて、みてよ。月夜――」

 イブキがそんな不幸な記事を『カメの味』っとググって調べていた月夜に見せる。


「はぁ~……いるのね。こんな不幸な人が……」

 と、月夜も気の毒にと呟く。


「でも、でもさ――」


「ん?」


「このカイタイぎょ~しゃさんがガッコ~をバクハしてくれるカノウセ~も――」


「そんな可能性は微粒子レベルでも存在しないと思うよ」

 そう否定する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます