まぼろしの〜

 いつものバス停にて――


「 269コのレトロゲ〜ムができるケ〜タイゲ〜ムきかぁ〜……」

イブキがゲ〜ム情報――と、いってもかなり怪しげな如何わしい代物を扱った記事に興味津々で食い付いている。


「う〜ん……おぉ! スパルタンXもできんだ‼︎ いいかも……ぜったいキョッカとってないメ〜ドインチャイナだけど……」

イブキが後頭部をカリカリ掻きながらボヤく。


「吉野家の幻のメニュ~? へぇ~……そんなんあるんだ!」

 月夜がグルメ系ニュ~スアプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「牛タン定食かぁ~……実験的メニュ~でどこの店舗でやってるか公表されてない――う~ん……自分で探さないとダメかぁ~」


「ん? 月夜だったらニオイとかでさがせそ~じゃない?」

 今度はス~パ~ファミコンの携帯機版を探しながら、そんな事を言うイブキに、


「いや……ウチにそんな特殊な能力ないし……」


「えっ!? ない…………の?」


「そんな意外そうな表情されても……一回、アンタの中のウチのイメ~ジ像を問い詰めたいわね」

 半眼でそうイブキに言い放つ月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます