たべほ~だいはアリ?

 いつものバス停にて――


「一日90分しか営業しない幻のカツ丼屋? カツ丼で割とどこでも同じ味だケド……」

 そんな事を洩らしながら、お店のレビュ~を読んでいく。


「月夜、月夜!」

 突然、隣のイブキからあわただしい声がする。


「な、なによ? ウチは今おいし~て評判のカツ丼屋の――」


「そんなコトよりもタイヘンなコトだよっ!」

 イブキが諸手を上げて、大変さを表現しながら言う。


「これみてよっ!」

 そう言って差し出したスマホ画面には――


「女子に聞いたデ~トで食べ放題はアリ? かナシか? また下らない事を……で、ウチがフツ~の女性と違うって言いたいの?」


「ち、ちがうよ……それにケッカみてみてよ」


「ふ~ん……ど~だか……あっ! でも、食べほ~だいオッケ~の人のが多いのネ」

 月夜が少し嬉しそうに言う。


「なんでコレが大変なの?」

 月夜がイブキに問い返すと、


「みんな月夜みたいになっちゃうと、イブキさんのよ~にショウショウなヒトのたちばが……」


「アンタの立場は割と~でもいい」

 バッサリと斬り捨てる大食女子だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます