からあげクリ〜ム。

 いつものバス停にて――


「おおぉ!」

イブキがゲ〜ム情報見ていると、そんな驚嘆の声を上げる。


「コ〜ニンのフラゲきたっ!」

そういってイブキが見つめる視線の先には――アマゾンで限定300件に限り販売日の0時から午前2時に届けるという内容の記事だった。確かに事実なら公式でフライングゲットを認めている事になる。


「DQモンスタ〜ズがフツ〜よりもはやくプレイ……あっ! シュトケンげんて〜なんだ」

イブキ言う通り配達可能地域が指定されていた。


「ふむふむ――ト〜キョ〜、チバ、カナガワにオ〜サカとヒョ〜ゴいちぶチ〜イキかぁ」


「からあげソフトクリ〜ムっ⁉︎」

月夜が上げた驚きの声を耳にしたイブキが、


「からあげ? ソフト??」

と、首を傾げながら頭上に疑問符を浮かべる。


「うん。やっぱしそ〜なるよね。ど〜ゆ〜事だろ? からあげソフトって……」


「フツ〜のソフトクリ〜ムのうえに『デンっ!』っとからあげのせちゃうんじゃない?」


「そんな雑なっ! あぁ〜開催地が福岡じゃなかったら行くのに……」


「ちょっと、と〜いね」


「あぁ……からあげソフト……一体どんな形でどんな味がするんだろ?」

キラキラした瞳で想像を巡らす月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます