でんたま。

 いつものバス停にて――


「へぇ〜……さけるチ〜ズに爆発してるレアバ〜ジョンのパッケージがあるんだ!」

月夜がグルメ系ニュ〜スにあったそんな記事に興味をもち読んでいると、


「あっ! パッケ〜ジがボンバァ! してるだけで中身はフツ〜なんだっ‼︎」


「中身も爆発してればおもしろかったのになぁ〜……でも、食べにくいか!」

と、やや不満交じりの声を洩らす月夜。


「ケンダマでねっとたいせん? う〜ん……ハイテクなんだけどレトロなアイテムだなぁ〜」

イブキがゲ〜ム情報の中からそんな異色なネタを見つける。


「クラウドファンディングでユ〜シがく990マンエンきぼ〜のトコ、げんじてんで740マンエンあつまっており、キカンないにユ〜シがくまでいくみと〜しかぁ……ノ〜マネ〜でフィニッシュになんないのかぁ〜……でも、だれがこんなモノにおかねだすんだろ〜?」

イブキが小首を傾げ考えこむ。


「う~む……もしかしたらイブキさんのしらないトコでケンダマぶ~むきてんのかなぁ~……イブキさんもケンダマのワザみにつけないとダメかな?」


「そんなん習得してど~すんの?」

 イブキの呟きを聞きとめた月夜が問う。


「いや~『ゲ~ム』と『タイセン』ってつくものでまけるワケにはいかないんだよっ!」

 イブキが『ほっ!』と妙な声と構えをしながら、


「ふ~ん……でもさ~」


「ん?」


「けん玉の勝負ど~やってつけんの?」


「さぁ? わっかんない」

 レトロゲ~ムは好きでも、そ~いう方面には疎いイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます