ヤサイヤサイくさくさはっぱはっぱ。

 いつものバス停にて――


「あたらし~スリ~ディ~エス? おぉ! ス~ファミエディションっ!? ど~じにバ~チャルコンソ~ルでメ~サクと~じょ!! いいね! レトロゲ~ムずきなイブキさんにとってはサイコ~のシナだよっ!!」

 イブキがゲ~ム情報を見ながら興奮ぎみに瞳を輝かせていると、


「ふ~ん……今年もやるんだぁ~。モスのレタスバ~ガ~」

 月夜がグルメ系ニュ~スを見ながら、バンズの代わりにレタスで大豆バ~グを挟んだバ~ガ~を見ながらポツリと洩らす。


「こ~ゆ~。ヤサイヤサイ、クサクサ、はっぱっはっぱ、してるのキラいじゃないの? 月夜は」

 イブキが横から『ヒョイ』と首を覗かせて月夜のスマホ画面を見ながら、


「いやいや。別にウチは野菜キライじゃないわよっ!」

 月夜が心外だという表情で反論する。


「そなの? いつもニクセ~ギ! ニクサイキョ~!! ニクこそ――」


「言ってない。言ってないから」

 パタパタ手を振りながら否定する。


「ウチだって常に肉ばっかし食べてるワケじゃないわよっ! この時期はレタスもおいし~し、その素材を生かしたモノも味わいたいわよっ!!」


「ふ~ん……じゃ、これからイッシュ~カンのあいだニクきんしでレタスせ~かつね!」


「それは無理っ!!!」

 そこはキッパリ断る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます