す〜ぱ〜

 いつものバス停にて――


「ミニストップでキョ〜からイチゴレンニュ〜パフェはじまるんだっ!」

イブキが興奮ぎみにスマホ画面をみながら言う。


「レンニュ〜とソフトクリ〜ムとイチゴのあじわいっかぁ〜……やっぱしイチゴはセ〜ギだねっ!」


「イブキ、イブキ!」

イブキがイチゴの偉大さを噛み締めていると、月夜が慌てた声を上げる。


「どしたの?」


「……寿司」


「ん?」


「アップルが寿司職人を募集してんだって!」


「えぇ‼︎ アップルってアイフォンのだよね?」


「そそ」


「それが、なんでスシしょくにんさんをボシュ〜してんの?」


「さぁ?」


「う~ん……」

 腕組みしながら考え込むイブキ。


「あっ!」

 頭上に『ピコーン!』と明りの灯った電球を浮かべながら何かをおもいつくイブキ。


「デ~タとってSiriにスシにぎらせるためのキノ~のサンプルにするとかっ!」

 イブキが『ど~だ』言うようなドヤ顔で言う。


「いや……スマホにいる? 寿司握る機能。しかも条件がいろいろ厳しいのよ。まず日本料理経験者である事、寿司職人としての1,2年の経験。さらにナイフの扱い技術に衛星管理のスキル。リ~ダ~シップにプレゼン能力、パソコンの知識などなど――」


「そんなヒトいるのかな~?」


「いるとしたら、ス~パ~サイ〇人ならぬス~パ~日本人ね」

 月夜がそう言いながら寿司を握るマネをするのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます