きゃらめいく。

 いつものバス停にて――


「ミカンまるごと使ったミカン鍋? 鍋っ⁉︎」

月夜がグルメ系の記事にあった見出しに驚きの声を上げる。


「山口県に実際にある鍋料理なんだ〜……ふ〜ん……おもしろそ〜」

そんな事を呟きながら、先を読み進める。


「基本は魚介類と焼きミカンの鍋――焼きミカンっ⁉︎ またウチの知らないの出てきたっ⁉︎ 皮剥いて中身を鍋にいれると思いきや、皮のままオ〜ブンで焼いて鍋にドボンとは……」

と、月夜が意味不明な敗北感を味わっている隣では、


「ねね」

イブキがスマホ片手に嬉々とした表情で話しを振ってくる。


「ん〜?」


「月夜はゲ〜ムのキャラメイクのときにセ〜ベツど〜してんの?」


「ん〜……」

月夜は律儀に過去の記憶を掘り起こして思い出す。


「ウチは……だいたい自分と一緒かな〜……あっ! でも男キャラ多めのロ〜プレとかなら……ん〜……なんでもない」


「あのね……じぶんとイッショのセ〜ベツにするヒトが70パ〜セントちかくいるんだって」


「へぇ〜……やっぱし自分と一緒のが感情移入しやすいとかかな? アンタも女の子にすんの?」


「ううん。イブキさんだいたいゴツイマッチョケ〜のオッサンキャラにするよ! カオにキズがあって、ちょっとクラいカコがあるよ~なカゲのあるキャラにするよ!!」


「なんか……ベル〇ルクのガ〇ツみたいなキャラ」


「そそ。そんなかんじ。あとは――ゲ~ムがウマかったらイブキさんのリソ~のヒト!!」


「そんな感じの人がゲ~ムやってる姿イメ~ジできない」

 そういって再び頭を抱える月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます