えほ〜のあと。

 いつものバス停にて――


「自動車業界盛況の影響か? システムエンジニアの時給が爆上げ‼︎ 時給3000円から5000円にっ⁉︎」

月夜が経済新聞の一部を抜粋したウェブ記事を読みながら、


「はぁ〜……時給5000円なんてウチの6倍だよ……」


「アメリカのSEはもっとおおいよ」


「そうなのっ⁉︎」


「うん。ジキュ〜1000ドルだって」


「1000ドル……ええっと……」


「やく11マンエン」


「時給で?」


「ジキュ〜で」


「はぁ〜お金ってあるトコにはあるもんなんだね〜。ウチのお店なんて、この前の恵方に乗っかろ〜として失敗して大赤字だしちゃったのに……」


「なんかニュ〜スにもなってたね。オニタイジできるぐらいのリョ〜のハイキがでたって」

イブキはそういって手刀を振って見せる。


「そ〜なのよ……潰れちゃったら新しいトコ探さないといけないし、今アルバイト探してるってワケ」


「へぇ〜……でも、なんでそんなコトになっちゃったの? レストランっぽいキッサッテンなんでしょ? エホ〜あんましカンケ〜ないよ〜な……」


「うん……男性スタッフにぶっとい太巻きを食べさせる企画……イケると思ったのになぁ……」


「イケないよっ!」

月夜の呟きに全力でツッコミを入れるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます