しきべつ。

 いつものバス停にて――


「へぇ~……イチゴって実の部分が黒いツブツブなんだ!?」

 月夜が雑学系のニュ~スを読んでいると、


「月夜! 月夜!!」

 イブキの興奮したような声が聞こえてきた、


「なに? そんなに慌てて」


「だってだって――」

 興奮を抑えきれずにスマホ画面を見せてくるイブキ。


「スマホのカメラ機能を使って、撮影した物を識別してど~ゆう物か教えてくれるアプリ? なにこれ??」

 月夜はイブキの差し出すスマホ画面に映っていたアプリ説明を読みながら首を傾げる。


「そのまんまだよっ! これでとるとそれがなんなのかおしえてくれんだよ! たとえば――」

 イブキは周囲をキョロキョロした後に、バス停を撮影する。


「ほら」

 そういって画面を見せるとバス停の画像の下に『バス停』という文字が出ていた。


「ふ~ん……」

 スマホを差し出してるイブキからなんとなくスマホを受け取る月夜。


「ね、ね。おもしろいでしょ? シレンやトルネコのシキベツのマキモノみたいでしょ!!」

 興奮ぎみにそういうイブキの姿を撮影する月夜。


「ほら、『まな板』だって」

 イブキの胸辺りの画像の下には『まな板』という文字が出ていた。


 その後、すぐにアインスト~ルされた事は言う前でもない。現在、このアプリまだ問題が多く100パ~セント識別できるワケじゃないらしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます