と〜しんだい。

 いつものバス停にて――


「歩きスマホや自転車に乗ったままスマホをいじってる人にぶつかって画面が割れたかた弁償しろっと迫るスマホ当たり屋が急増中かぁ〜」

月夜が情報アプリで最近の出来事を調べている。


「はぁ〜……最近じゃおちおち外も歩けなくなってきたわね……」

月夜が疲れたため息を吐き出す。


「ねね月夜!」


「ん〜?」

そんな雰囲気を吹き飛ばすノ〜テンキな声でイブキが声をかけてきた。


「いまってト〜シンダイフィギアがブ〜ムなの?」

そう言って、某漫画の角の生えたヒロインやラノベのメインヒロインなどが映ったスマホ画面を見せてくる。


「そ〜いえば、最近そんな話しよく聞くわね」


「いいなぁ〜……イブキさんのもつくってくれないかなぁ〜?」


「あら? そんなの簡単じゃない」


「ふぇ?」


「160センチぐらいのドラム缶用意して、顔の位置にアンタの写真貼っとけば完コピ!」


「そんなシンプルなタイケ〜じゃないモン……」

バス停に寄りかかりながらそう呟くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます