よほ〜

 いつものバス停にて――


「サイキョ〜のゲ〜ミングコントロ〜ラ〜かぁ――たかっ⁉︎ 1マン5センエン⁉︎ たかいよっ! ディ〜エスやUのゲ〜ムパッドといっしょぐらいのネダンだよっ!」

イブキが海外で人気のパソコンゲ〜ム用のコントロ〜ラ〜を見ながら、


「う〜さむさむ」

月夜が身体を震わせ手に『はぁ〜』と白い息を吹きかける。


「月夜……シュ〜ゾ〜がオ〜ストラリアにニシオリくんのお〜えんにいくってヨホ〜でてたでしょ?」


「どんな予報っ⁉︎ 天気じゃなくて修造予報⁉︎」


「ヨシズミさんよりシンライできるよっ!」

ふん! とドヤ顔でそう言い切るイブキ。


「最難関の気象予報士の資格とったのにその扱いっ⁉︎」


「ふゆはテンキヨホ〜よりシュウゾ〜ヨホ〜なんだよっ!」


「最近、本当にネタっぽく聞こえなくなってきたわ」

じわりと信じてきてる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます