おしり。

 いつものバス停にて――


「ドラクエヒ〜ロ〜ズⅡ、5がつ27かにケッテ〜したんだ! まえのやつおもしろかったなぁ〜……イブキさんはムソ〜け〜、そんなにすきじゃないんだけど、ぞくへんでるならほし〜とおもったよ」

イブキが新発売されるゲ〜ム情報を見ながら、


「ん⁉︎ ほ〜ほ〜カンコレのダミ〜パッケージとどいたのかっ⁉︎ これはライゲツでるのかな? いや、でもたいしたジョウホ〜ないし……ワンチャンあるってテ〜ドにはキタイしとこっと」

イブキがそう言いながら月夜の方を向くと、


「あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」

イブキが月夜を指して、


「月夜がおしりたべてるゥゥ⁉︎」


「お、お尻じゃないわよっ! ハ〜ト型‼︎ ハ〜ト型の中華まんっ‼︎!」

そう言いながら、『♡』の下のほうが食べられお尻っぽくなった中華マンを見せる。


「モモマン?」

その形からイブキが味を想像する。


「生チョコまん」


「おいし〜の?」


「う〜ん……悪くはないケド……ウチには合わないかな? 肉まんかカレ〜まんにしとけばよかったと後悔してる」


「ちょっとチョ〜ダイ」

そういってハ〜ト型を無残に半分に割り、


「うぉ! なかから……なかから……トロっと……チョコでてきたよ」


「制服にこぼさないようにね」

3分の1になった中華マンを一口で片ずける。


「あっ!」


「ん〜?」


「月夜から、ちょっとはやいバレンタインチョコもらちゃった!」

嬉しそうな表情でそう呟くイブキ。


「えっ! そ、そんな……大した物じゃないし……で、でもアンタがほしいなら、もっとちゃんとした――」


「はい。おかえし」

そう言ってカバンから少し齧られたシュ〜クリ〜ムを出して渡す。


「おまえ……ウチを残飯処理機かなにかと思ってない?」

イブキの歯型が残る大きなシュ〜クリ〜ムを手に乗せ冷めた表情でそういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます