も~すぐ……

 いつものバス停にて――


「クリスマス関連の食べ物ふえてきたなぁ~……」

 月夜がグルメ系ニュ~スを見ながら、近々販売予定の新商品情報をチェックしながら呟く。


「そ~いえばさ、今年はあんまり「クリシマスちかいぃ! カレシ――カレシが――」言わないね。イブキ」

 月夜がふと感じた疑問を口にする。


「ほえ?」

 イブキはスマホでモンハンの情報を見ていた時に振られ、間抜けな声を洩らす。


「えっと~……そっか! も~すぐクリスマスなんだっ! カレシつくんないとっ!」

 イブキは見ていたゲ~ムの攻略サイトを閉じると、『はっ!』と今、気が付いたようにそう慌てだす。


「ゲ~ムに夢中で気付かなかっただけかいっ!」


「そ~いう月夜だって――」


「ん?」


「月夜だってキノ~のかえりみちでクリスマスケ~キじっとみてたじゃん!」


「ウチはクリスマスじゃなくともケ~キ屋の前、通ったら年中見てる」


「そっか、そ~だよね~」

 物凄い説得力におもわず納得してしまったイブキのでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます