おいかり。

 いつものバス停にて――


「やっぱしシンサクはイイよね〜。メンドウだったサイシュ〜がボタンおしっぱ〜でレンゾクしてできるよ〜になったとかジミにイイ! オンラインプレイはまだちょっとアンテ〜してないのがケッテンかな〜」

イブキが口に出しながらフリック入力で新作ゲ〜ムのレビュ〜を投稿していると、


「こ、これは……ゆ、許せないわねっ!」

怒気の篭った月夜の声が耳にはいってくる。


「ど〜したの? 」

いまにも「駆逐してやるっ!」と言わんばかりの月夜に声をかける。


「どーしたもこーしたもないわよっ! これよっ!! これっ!!!」

 怒りのボルテ~ジを上げながら月夜gた見せてくるスマホ画面には――


「タイワンのマックで280こハンバ~ガ~をチュ~モンしたオトコが、そのままかえってこずにハイキに?」


「そうなのよっ! ひどくない?」


「う~ん……イタズラだったのかな?」


「280個ぐらい誰か食べればよかったのにっ!」


「……月夜。ハンバ~ガ~280こたべられるヒトはそ~はいないよ」

 呆れ顔でそう呟くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます