ぼたん。

 いつものバス停にて――


「ロ〜ドちゅ〜にミニゲ〜のトッキョがも〜すぐきれる⁉︎ へぇ〜ほかのメ〜カ〜でもできるよ〜になるのか〜リッジのギャラクシアンとかなつかし〜なぁ〜……ロ〜ドがながいっていえば、おと〜だんのネオジオCDはトイレいってかえってこれるぐらいながかったな〜……」


「ちょ――」

月夜の上擦った声がイブキの思い出に水を差す。


「イブキイブキ、これ見てよっ!」

そういって月夜見せてくるスマホ画面には、


「ボタン?」

そこには某ピザ屋の箱にはいった、押してくrといわんばかりの『ボタン』がはいっていた。


「なにこれ? ジバクソ~チ?」


「ふふふふふふふふふ――これはね~――」


「なになに? ダッシュツソ~チ? カレシハッセ~キ?」


「……彼氏発生機なんて器物初めて聞いたわ」


「もったいぶらずにおしえてよ~」


「いわ。これはね――なんと! 押すだけで、何時でもピザがやってくる『ピザ緊急オ~ダ~ボタン』なのだっ!!」

 テンション高くそう叫ぶ月夜とは対照的に、ものすっごくテンションがダダ下がっていくイブキ。


「これで、突然ピザが食べたくなった時も安心!」

 指を『b』こんな形にしていう月夜に対して、


「イブキさんピザポテでマンゾクできるからヘ~キ」

 スマホでモンハンの映像を見ながら、そう呟くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます