の〜と。

 いつものバス停にて――


「う〜ん……ぽりぽり」

月夜が棒型のスナック菓子を齧りながら不満そうな表情になる。


「う〜ん……このウニクリ〜〜ム味、ウニ感ゼロ。おいしくないワケじゃないケド……」


「え〜〜! フツ〜のウニよりイブキさんはこっちのがスキ」

と、月夜の持つカップ型の入れ物から棒スナックをひとつ取るイブキ。


「それはアンタが子供だからよっ! ウニはおいし〜んだからっ‼︎」

自分もそんなに食べた事ないのにそう言う月夜。


「イブキさんはこれでいいや~」

 そういってまた月夜の持つカップから一つ取り出すと口に運ぶ。


「んふふふふふふ――それにしてもたのしみだなぁ~」

 そう言いながら明日に販売日を控えたゲ~ムのPVを見ながら、待ちきれないといった様子のイブキ。


「これみてよ」

 カバンから一冊のノ~トを取り出してみせるイブキ。


「ノ~ト? 授業に集中して時間を感覚を早くさせよ――」


「これねこれね――ク~キをいれてフカフカにできんだよっ! それでそれで――ヒョ~シもハダざわりのいいキジでできててマクラがわりになるんだぁ~」


「ほ~……それで今日の授業に寝溜めよ~って事ね」


「うん! そうっ!!」

 全く悪びれもせずにそう言い切るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます