いたずら。

 いつものバス停にて――


「う~ん……からあげくんの『しおコンブ』味かぁ~……」

 月夜が唐揚げの画像を見ながら呟く。


「塩味の唐揚げなら味の想像できるケド……『塩コンブ』って、う~ん……塩味にコンブ出汁のタレがかかったっぽい感じなのかな? もうこれは食べてみるきゃないよねっ! うん!!――じゅるり」

 そう決意して力強く頷く月夜。


「え~! 月夜、こっちのがおいしそ~だよ!」

 そう言いながらスマホ画面に映ったスィ~ツの画像をみせる。


「おいしそ~だケド、ウチはもっとパンチのある物とゆ~か……」


「そっか~……あっ! そうそう、キノ~おもしろいガゾ~みつけて、それみたとき月夜のカオがおもいうかんだ」

 そういいながらイブキは写真アプリからその画像を読みだす。おたる水族館でトドがサケを丸呑みしてる画像で「鮭は飲み物」という文字が添えられていた。


 そのトドの顔部分に月夜の顔をはめ込んで「焼肉弁当は飲み物」という文字に変えられた画像に――


「トドの画像はイラっときたケド、焼き肉弁当は飲み物だししゃ~ないかな」


「いいのっ!?」

 イタズラを仕掛けたイブキが驚く結果になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます