わんらいふ。

いつものバス停にて――


「ファミマに高級感漂うチルドチョコかぁ〜……おいしそ〜なんだケド、もうちょっとガツンとした物ってゆ〜か〜食べ応えのある新商品ないものかしら?」

月夜がふた粒チョコがはいったスィーツの画像を見ながら、


「いっかいゲ〜ムオ〜バ〜になると、にどとたちあがらないPCゲ〜ムかぁ〜……」


「それって上達できんの?」


「FPSだからね〜。きほんさえしってればどのゲ〜ムでもあるていどはいっしょだとおもう」


「いくらなの?」


「10ドルだって」


「なんか勿体なくない?」


「それがイイんだよっ! いっかいこっきりのキキカンがっ‼︎」


「イブキって――」


「ん~?」

 無邪気な笑みを向けてくるイブキに、


「イブキってMだよね」


 というのを辛うじて飲み込む月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます