いぶっとまん。

 いつものバス停にて――


「そ~がく840おくえんかぁ~……」

 イブキがスマホ画面をみつめながら呟く。


「なにが?」

 金額から五輪の国立競技場の予算でも決まったのかな? と予想しながら、


「ん?」

 イブキがもってるスマホの画面を見せ、


「ことしのハロウィンでやるイショ~のおかね」


「高すぎじゃないっ!?」


「イブキさんはホンモノシコ~なのっ! このホンモノのバットマンとおなじイショ~にモ~ビル、しつじのアルフレッドさんのキュリョ~」


「いやいや。最後の執事の給料とか絶対いらないよね? ハロウィンで一日だけだし」


「う~ん……でもアルフレッドさんははずせない……」


「そこに至っては衣装じゃないし! むしろそこ絶対にいらないトコだと思うよ。マスク、マント、とかだけでいいじゃないの?」


「え~! ヒ~ロ~のつよさまでサイゲンできないじゃん!!」


「そう簡単にヒ~ロ~の強さまでマネできたらいじめられっ子は苦労しないわよ」


「そっかな~? 月夜ならTシャツ、タンパンでなみのヒ~ロ~ぐらいのカツヤクはできそ~だよ」


「ウチ、愛と勇気だけが友達なのはイヤだな……」

 少し考えた後にそう返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます