さいりょ〜のいいわけ。

 いつもバス停にて――


「へぇ〜国会議事堂内にある吉野家にはちょっと高級な『牛重』があるんだぁ〜……でも、なかなか行かない――と、ゆ〜か絶対行かない場所かも……」

月夜が重箱につまった肉とネギとご飯の画像を見ながら、


「あぁ〜今度は他店でも販売すんだ! えっと……羽田空港国際線ターミナル……そんなトコもっと行かないよ……」

そう呟きながらガックリと肩を落とす月夜。


「う〜ん……『センセ〜がサイテンするのがタイヘンだとおもって』……う~……おこられちゃいそ~……『やったんだケド、イヌがたべちゃった』あ~……イブキさんトコ、イヌいないしな~」

 ブツブツいいながら頭を抱えるイブキに、


「なにやってんの?」

 月夜が尋ねてくる。


「ん……」

 と、言いにくそ~にしてから、


「じ、じつは……し……ちゃって」


「えっ? なに?」


「だ、だから……シュクダイわすれちゃって……なんかイイい~わけないかな~……って」


「それで色々考えてるの?」


「うん……あっ! こんなんど~お? 「おと~さんがアクタガワショ~とちゃってシュクダイがてにつかなかった』とか」


「有名な芸人さんがとってなかった?」


「むう……そっか……じゃ――」


「ウチも一緒にいってあげるから素直に『忘れましたって』って言うのが一番だよ」


「ん……月夜がうつさせてくれたらすぐにカイケツ!」


「おまえ結局、それが目的だったろ?」

 半眼でそう言い放つ月夜に、イタズラ娘笑みを浮かべるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます