にと~りゅ~

 いつものバス停にて――


「ふむ~……ズワイガニまん……カニのチュ~カまんなんておいし~のかな?」

 イブキが月夜の見ていたグルメ系ニュ~スをひょいとのぞき見した瞬間に目に入った記事にケチをつける。


「あら? カニとかエビなんて、それだけで最高な食材じゃない! 有名な偉人も「甲殻類は常に正しい正義である」って言ってるぐらいだし」


「それ……だれがいったの?」

 月夜の言葉に疑わし気な視線を向けながら言うイブキ。


「さぁ――そんな事よりも、おっ!」

 イブキの言葉をサラっと流した後に、


「イブキ、イブキ。たい焼きを頭と尻尾どっちから食べるのが正しいのかアンケ~ト調査を実施だって」

 畳みかける様に新たな話題を振る。


「あたまとしっぽ……」


「ウチは頭からだな~やっぱし最後は餡子の甘さを薄めてくれる尻尾をカリカリして締めるのがウチ流。イブキは?」


「ん~……イブキさんは2ひきかって、かたてに1ぴきづつアタマとシッポもってコ~ゴにたべていくのがイブキさんリュ~」


「二刀流っ!?」


「だって1ぴきだけってカイワソ~じゃん? オスとメス1ぴきづつ、カレシとカノジョ1ぴきづつさみしくないよ~に……」


「でも食べるるんでしょ?」


「うん!」


「単純に2匹食べたいだけじゃ……」

 と、思ってしまう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます