じどりキノ〜

 いつものバス停にて――


「ブラックサンダ〜の新味『グレ〜ゾ〜ン』? あぁ……ア〜ルグレ〜使ってるからなのか……ほ〜ほ〜ザクザク感はそのままにア〜ルグレ〜粉末でミルクティ〜のような味わい……とな、じゅるり」

月夜がいつも通り新作のお菓子を見て味を想像する。


「ジンコ〜てきにつくりだされたクモのイトででいいたフクかぁ〜……う〜ん……やっぱしクモさんをムチでペシペシたたきながら「もっとだしやがれ! えい‼︎ えい‼︎!」ってブッラクなコトしてつくられたのかぁ〜」

イブキが人工的に創り出され〜の意味を全力で間違えていると、


「見てよ、新型の自販機だって――」

月夜がグルメ系のニュ〜ス反応する。


「ん? またオススメのジュ〜スをおしえてくれるとか?」


「違う、違う」

 月夜はパタパタと顔の前で手を振り否定する。


「なんと自撮り機能付きなんだって!」


「へェ~……いらなくない? そのキノ~」

 一瞬、感心した後にふと疑問に思った事を口にするイブキ。


「なんでぇ~? おいしい物を買った時の至福の表情を撮ったり、めずらしい物を買った時の驚きの表情を撮ったりできるんだよ」


「う~ん……」

 月夜の言った事を考えイブキは――


「やっぱしいらなくない?」

 全く理解できないなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます