こ~の~

 いつものバス停にて――


「学園ハンサムの初回特典がヒドいと話題に……問題の案件は『トレ~ディング・ゴミ』!? 正式名称でゴミっていっちゃってるんだネ」

 月夜がさらに詳しい内容物――『紙クズ』、『レシ~ト』、『髪の毛』のうち1つがランダムで封入されていると読み進め、


「ふふ~ん。月夜もゲ~ムのユ~コ~セ~にきづきだしたんだネ」


「いや、ウチは単に趣味で――」


「さいきんのケンキュ~でゲ~ムやってると、ウツのカイゼンやストレスのケ~ゲンにやくだつんだよっ!」


「いや……だから、ウチは……」


「ゲ~ムがノ~におよぼすエイキョ~はおおむねコ~ヒョ~カ! セ~シンカやシンケ~カでクスリよりも、このゲ~ムを〇ジカンプレイしてくださいってショホ~されるひがくるかもしんない!!」


「はいはいゲ~ムはせ~ぎせ~ぎ――っと、早くバスに乗らない?」

 熱く力説しているイブキを軽く流しながら、月夜はそう促した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます