はど~けん。

 いつものバス停にて――


「あの有名なテ~マパ~クがコ~ラ味のホットドッグを完成!? う~ん……コ~ラとのセットも可能って……食べてもコ~ラ、飲んでもコ~ラ……う~ん……ありかも……じゅるり」


「ねぇねぇ――」

 イブキがスマホ画面を見せながら、


「これ、カワイクない?」

 そういって青いなんだかよくわからない物を見せる。


「なにこれ? クラゲ? クラゲのヌイグルミ?」


「クラゲじゃないよっ! ハド~ケンのヌイグルミだよっ!!」


「波動拳のヌイグルミなの!? これ」

 そして再びスマホ画面を見て。


「確かにそ~いわれればそ~見えなくも……いやいや! やっぱし見えないよっ!!」


「なんでよっ! いつもならそこで『じゅるり』ってなってナットクするハズじゃん!!」


「そんなお約束違反っぽい感じで言われても……」

 そういって困惑する月夜だった。


「――で、これがなんなの?」


「うんとね……ホンモノのハド~ケンってどんななんだろって月夜にだしてもらいたくって」


「ウチを妙なゲ~ムキャラと混同するのはやめろ! 出ないから!! 出せないからっ!!」


「う~ん……だせそ~なんだケドね」


「おまえの中のウチのイメ~ジって一体どんな奴なんだろ~? って常々疑問に思うよ」


「んとね……ラスボスステ~ジで『うぃ~ん』ってランニュウ~してきてラスボスやっつけてジブンがたたかちゃうよ~なやつ!」


「まさかの隠しボス扱いだったっ!?」

 そういってショクを受ける月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます