コントロ〜ラ〜

 いつものバス停にて――


「ふ〜ん……ホタテがゴロゴロはいったホタテマンかぁ〜……これは……なかなか……おいしそ〜……じゅるり」

月夜が愛用のグルメ系ニュ〜スを読みながら、載っていた画像に食欲をそそられていると、


「ゲ〜ムキャラにさわったりテッポ〜のハンドウをかんじたりできるタイカンがたのコントロ〜ラ〜がたんじょ〜!」

テクノロジ〜系のニュ〜を見ていたイブキが声をあげる!


「えぇ〜! そんな夢の機械あるのっ⁉︎」


「うわっ! 月夜バッチィ‼︎」

ヨダレとツバの波状攻撃を躱しながら抗議の声を上げるイブキ。


「これさえあれば――」


「う〜ん……こんなんあってのつかいドコわっかんないよ〜FPSがリアルなんのはいいけどさぁ〜……」


「えー! 使い処いっぱいだよっ! 現実だとウチによってこないネコやイヌを触りほ〜だいっ‼︎」

月夜が瞳を輝かせ言う。


「デ〜タにヌコやワンコもにげちゃったりしてね」


「あっ!」


「……う、うそうそ。ダイジョブ、ダイジョブだから、そんなかなし〜かおしないで」

悲壮感漂わせる月夜にあわててそうフォロ〜するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます