さいしゅ~び。

 いつものバス停にて――


「う~ん……レンキュ~が……レンキュ~が……おわちゃう……」


「それ昨日もやった」

 重い雰囲気でそう呟いているイブキにそう突っ込みをいれる月夜。


「だって、だって――こんどシルバ~ウィ~クあるのって、かなりずっとさきなんでしょ!」


「11年後だったかな?」

 月夜が記憶を探りながら答える。


「さきすぎるよっ! 11ねんごなんて――なんて――イブキさんキョニュ~でチョ~シンのオトナになってるよっ!!」


「……なってないと思うケド」


「なってるよっ!!!」


「イブキがそ~なる可能性よりも人類が滅びる可能性のが高いと思うケド……」


「そんなコトないよっ! 11ねんごのイブキさんはeスポ~ツせんしゅになってて、eスポ~ツのWカップにでねんだから」


「はいはい。バス来たからスィ~ツ食べ歩き行くよ」


「うん! いこ!!」

 結局、最終日を満喫したイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます