おまけ。

 いつものバス停にて――


「29日から開催されるマンガ肉フェアのアノお肉って29円で食べられんだぁ~。画像でみると結構大きい……じゅるり」

 月夜が愛用のグルメ系ニュ~スでそんな記事を読んでいると、


「ジョ~セ~のファッションザッシ、フロクにつられてうりきれ!?」

 イブキがオシャレ系ニュ~スにのっていたそんな記事に驚く。


「あ~。たま~にカワイイのあるよね。ホント、最近の付録ってクオリティ高いよね~」

 イブキの呟きに反応する月夜。


「う~……」


「どしたの? 怖い顔して」


「う~……ナットクできないよ!」


「ん? なにが?」


「だって、ファッションしにバッグついてるならゲ~ムざっしにゲ~ムついててもいいじゃん!」


「ゲ~ム雑誌にも特典コ~ドってかたちでDLCがついてる時あるよ」


「でも、そのソフトもってないとイミないし……」


「じゃ、フリ~ゲ~ムかなんかついてればいいの?」


「レトロゲ~ムをつけてほし~!」


「それはアンタがやりたいだけでしょ」


「うん! そ~だけどネ!!」

 月夜のツッコミをアッサリと認めるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます