ずっとともエンピツ。

 いつものバス停にて――


「ミスドが秋ド〜ナッツとしてマロンド〜ナッツを販売かぁ〜」

月夜がチョコのかかった栗型のド〜ナッツの画像を見ながら呟く。


「お〜! みて、これみてよ月夜。おもしろいはなしのってるよ」

と、振ってきたイブキのスマホ画面には――


「『あなたが死後に変身できる物』?」

月夜がそこに書かれた記事の見出しを読み上げる。


「なにこれ?」


「なんかね〜イタイをつかっていろいろなモノがつくれちゃうらしいよ」


「へぇ~。そ~いえば以前に遺体から人口ダイアモンドがつくれるって話ししてたね」


「うん。ほかにもレコ~ドやド~ロのヒョ~シキやシャシンにもなれるらし~よ」


「ふ~ん……あら? 鉛筆にもなれんだ」


「あっ! ホントだ」


「もしイブキが死んじゃったら鉛筆にしてウチと一緒に勉強――」


「そんなコトしたらバケてでるかんねぇ!」

 死ぬほど――死んでも勉強が嫌いなイブキの魂からの抗議だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます