おかいもの。

 いつものバス停にて――


「アボカドバ~ガ~が販売前倒しになるんだぁ~」

 月夜がグルメ系ニュ~スを見ていると、そんな内容の記事が目にとまった。


「ふ~ん……ほかにも新商品でるんだぁ~……」

 画面をスクロ~ルさせ販売予定の商品の画像を眺める月夜。


「んぁぁ!?」

 イブキが気妙な声を上げる。


「…………………………………………………………………………………」

 しばらく様子を窺う月夜。


「おぉ~! これゼンタイトルそろってんのかぁ~!! すっごいなぁ~ほし~な……」

 イッブキはスマホで買い物でもしてるのか、そんな事を言っている。


「う~ん……でもおかねたりないなぁ~」

 残念そうに呟く。


「なんか欲しい物でもあるの?」


「あっ! う~んとね~いまプレステのソフトがぜんぶセットうりされてんだケド……むかしのレアゲ~やレトロ……まあ、ぜんぶレトロだけどゲ~もはいってるからかいたいんだよね」


「へぇ~」


「でも、いまおかねないんから月夜ちょっとかして」


「え~! まあ、すぐ返してくれるならいいけど……ウチもいろいろ夏はお金いるんだから……」

 と、言いながらも可愛らしいサイフを取り出す月夜。


「――で、いくらかしてほしいの?」


「さんびゃくまんえん」


「出せるかァァ!」

 物凄い勢いで飛んできたサイフはイブキの顔面にヒットし、イブキを背後に押し倒した!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます