しぼ~ど~き。

 いつものバス停にて――


「う~ん……う~ん……」

 イブキがスマホをみながら、なにやら難しい顔をしている。


「……ソ~ショクケ~かそくか? やく60パ~セントのヒトがコイビトはいらない!?」


「なに読んでんのっ!?」

 イブキの呟きにセブン限定抹茶黒蜜ハ~ゲンの画像を見ていた月夜が思わず反応する。


「ん? イブキさんにカレシできないのはなんでかな~っておもって……」


「それで恋人がほしくない記事にいきついたの?」

 月夜が呆れながら、


「うん。ほかにも――」


「まだあんのっ!?」


「アニメキャラのせ~とかアイドルのせ~でとかいろいろ――」


「あぁ……まあ、以前から言われてた事だよね」


「イブキさんもアイドルめざそ~かな?」


「いや、それ入口(志望動機)おかしいから!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます