いいジキュ~

 いつものバス停にて――


「も~そろそろ6Sハンバイかぁ~アルバイトしないとなぁ~」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スを見ながらそんな呟きを洩らす。


「ウチも、もっとお金貯めないと……」

 月夜が夏コミに向けての購入予定本と予算を計算しながら、


「あ~あ……なんか実りの良いアルバイトないかなぁ~……」

 予算と購入予定価格の差を見てタメ息を吐いた後にそう呟く月夜。


「ん!?」

 スマホを見ていたイブキが突然、驚きの声を上げる。


「月夜! 月夜!! いいジキュ~のアルバイトあるよ!!!」

 と、いうイブキの言葉に胡散臭そうな表情をする月夜。


「一応聞くケド……エッチ系とかJKなになにとかいう如何わしいのはナシで」

 と、自身もアヤシイメイド喫茶に務めているのを棚上げする月夜。


「テッシュくばるおしごとだってジキュ~は1500えん」


「テッシュくばりかぁ~……でも、アレってそんなんい時給よかったかな?」


「Pepperゲンテ~だけどね」

 と、胸にモニタ~の付いたロボットの名前を口にする。


「な~んだ。ウチはどうがんばっても胸にモニタ~つけられないし、イブキやってみれば?」

 そういって制服を押し上げる自身の膨らみと隣にいる大平原のようなイブキの胸を見比べてそう言う。


「……そ~いうかえしがくるとはおもわなかったよ」

 そう言いながらショックで崩れ落ちるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます